• トランプ時代の米国金融規制―マクロプルーデンスを巡る動向―
    トランプ時代の米国金融規制―マクロプルーデンスを巡る動向―
    講師 若園智明氏(当研究所主任研究員)
    開催日時 2018年6月15日(金)~2018年6月15日(金) 15:10〜16:30
    会場 東京証券会館 9F 詳細
    料金(税込) 1000円
    定員 20名

    トランプ時代の米国金融規制―マクロプルーデンスを巡る動向―

      今回の「資本市場を考える会」では、当研究所主任研究員の若園智明氏から、「トランプ時代の米国金融規制―マクロプルーデンスを巡る動向―」と題して報告させていただきます。
      2008年の金融危機後、アメリカでは、金融を包括的に規制するドッド・フランク法が制定されました。しかし、同法には十分な議論を経ないで制定された複数の条項が含まれており、改めて、金融危機後に導入された金融規制全体の再評価が求められております。
       講師の若園氏は、アメリカの金融規制体系の変遷と特徴に関する整理・分析をテーマとして研究を行っております。今回の講演では、同法によって導入されたマクロプルーデンス関連規制に焦点を合わせ、トランプ政権誕生後の行政府(大統領府及び連邦監督機関)と連邦議会における同規制を巡る議論を整理して報告致します。
        この分野に興味を持っておられる皆様方のご関心に沿える内容になると存じますので、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。



    講演会当日スケジュール

    14:40〜 開場
    15:10〜16:20 講師による講演
    16:20〜16:30 質疑応答

     

    講演会への参加に関する注意事項

    (講演会の参加者)
    1 講演会に参加していただけるのは、研究所が開催する講演会の趣旨を理解し、講演会の秩序を守って、静かに講演を聴講しようとする方に限るものとします。

    (反社会的勢力の排除)
    2 暴力団員(暴力団員でなくなくなった日から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員その他の反社会的勢力に該当すると認められる方の参加はお断りします。

    (講演会への参加手続き)
    3 講演会への参加を希望される方は、ホームページの参加申込みフォームに必要事項を記入し研究所に送信するとともに、クレジットカード(Visa、MasterCard、AmericanExpess のみ)により参加費(1000円(税込))を研究所にお支払い下さい。

    (参加希望者が定員に達した場合の取扱い)
    4 講演会への参加希望者が定員に達した場合は、早期に参加希望の受付けを休止することがあります。

    (講演会場での受付け)
    5 講演会に参加される方は、研究所から送信された受講票をプリントアウトして、講演会場の受付けに提出して下さい。

    (講演会参加者の義務)
    6 講演会に参加される方は、以下の義務に服していただきます。
    (1)講演の模様を録音又は録画して会場外に持ち出さないこと
    (2)講演の内容を印刷物、SNSなどの媒体を通じて公表しないこと
    (3)その他、講演会の秩序の維持、円滑な講演会の運営のために係員が行う指示に従うこと


    (講師の交代、講演会の休止)
    7 予定していた講師の都合などにより、別の講師により講演会を開催することがあり、また、急遽講演会を休止することがあります。

    (参加希望者の側の事情による参加の制限)
    8 第6項に定めた講演会参加者の義務に違反するなど、講演会の秩序の維持、円滑な講演会の運営に支障を来すと判断した場合は、予め参加を申し込まれた方でも、講演会に参加していただけないことがあります。

    (講演会の休止等の場合の取扱い)
    9 予定していた講師の都合などにより講演会を休止した場合、事前に納入された参加費は、原則として、参加を申し込まれた方の指定口座に振り込ませていただきます。

    (納入した参加費の取扱い)
    10 前項のとおり、予定していた講師の都合などにより講演会を休止した場合を除き、いったん納入された参加費はお返ししません。