• 赤十字国際委員会(ICRC)×上智大学 公開セミナー「紛争の現場で一番必要な支援とは?〜終わらない紛争と出口の見えない苦しみ」

    赤十字国際委員会(ICRC)×上智大学 公開セミナー「紛争の現場で一番必要な支援とは?〜終わらない紛争と出口の見えない苦しみ」
    開催日時 2018年10月31日(水) 18:30~20:00
    会場 上智大学四谷キャンパス 2号館17階国際会議場
    赤十字国際委員会(ICRC)×上智大学 公開セミナー
    紛争の現場で一番必要な支援とは? 〜 終わらない紛争と出口の見えない苦しみ

     赤十字国際委員会(ICRC)は、戦闘下で助けを求めている人たちに人道支援を行い、国際法に基づいて保護を行います。国際社会が政治的な解決をなかなか見出せない中、長期化・都市化する一方の紛争。ICRCは、世界中で高まる人道ニーズに応えるため、中立、公平、独立を掲げて、戦禍にいる人々に日々寄り添っています。衣食住の提供など緊急性の高い支援だけでなく、紛争の爪痕から心身ともに立ち上がり自立できるよう、中長期的なニーズにも応えています。
     本セミナーでは、今現場が一番必要としている支援について提示・議論しながら、国際社会がどうやって人道的課題に向き合ったらいいのか、日本人の私たちができることについて一緒に考えていきたいと思います。


    日時:2018.10.31(水)18:30~20:00(開場18:00)

    会場:上智大学 四谷キャンパス 2号館17階国際会議場(JR・地下鉄「四ッ谷」駅徒歩5分)

    言語:日本語・英語(同時通訳あり)

     <登壇者>
    ・長野 智子 キャスター <モデレーター>
    ・ドミニク・シュティルハルト 赤十字国際委員会(ICRC)事業局長
    ・大鷹 正人 外務省総合外交政策局審議官
    ・東 大作 上智大学 グローバル教育センター教授

    主催:  赤十字国際委員会(ICRC)、上智大学国際協力人材育成センター

    お問合せ:上智大学国際協力人材育成センター E-mail   hrc-ic@cl.sophia.ac.jp